宿泊予約システム利用規約

レジーナリゾートのグループホテルに対する宿泊予約システム利用規約のページです。
宿泊予約システムのご利用に際しましては、必ずお読みいただき、同意いただけますようお願いいたします。

レジーナリゾートのグループホテル(以下「当ホテル」)は、当ホテルの運営する宿泊予約システム(以下「本システム」)を、お客様にご利用いただくにあたり、次の利用規約(以下「本規約」)を設けさせていただいております。本規約にご同意のうえ、本システムをご利用いただけますよう、お願い申し上げます。

第1条(本システム利用に際し)

  1. お客様には、インターネット利用の一般的なマナーや技術的ルールを守っていただきます。
  2. 営利を目的とした本システムの利用は、事由の如何を問わず固くお断りします。

第2条(利用規約に反する場合の措置)

第三者に迷惑・不利益を与える行為、当ホテルのサービスの提供に支障をきたすおそれのある行為等当ホテルが不適当と判断する行為を行なうお客様には、本システム、当ホテルのご利用をお断りいたします。

第3条(お客様の利用システム環境)

本システムは、お客様の利用システムの環境と設定が適切になされていることを前提条件としております。この条件に当てはまらない方の動作結果やそれがもたらす諸影響に関して、当ホテルは一切の責任を負いません。また、この条件を満たしていても、当ホテルの管理の及ばない原因によって、本システムが正しく作動しない場合につきましても、それがもたらす影響に関して、当ホテルは一切の責任を負いません。

第4条(本システム利用者とは)

本規約にご同意いただいたお客様のみが本システムをご利用になれます。また、本システムを利用して、ご予約をされた時点で、本規約にご同意いただいたとみなします

第5条(本システムの提供サービス)

当ホテルが運営しているホームページ(以下、「本ホームページ」)上で、当ホテルが提供する宿泊商品の一部の予約が行えます。

第6条(当システム利用上の注意)

本システムの提供するサービスは、本ホームページ以外で提供するサービスに対して優位性を持つものではありません。満室等の理由によりご予約いただけない場合もあります。

第7条(自己責任)

  1. 本システムの利用にあたり、お客様の自らの行為およびご自身のメールアカウントよりなされた一切の行為およびその結果について、お客様ご自身の行為の有無、過失の有無を問わず、お客様はその責任を負うものとします。また、本システムのご利用にあたり、
    当ホテルの過失に因る場合を除き、お客様が第三者に損害を与えた場合、お客様は自己の責任と負担において当該第三者との紛争を解決するものとします。
  2. ご利用者が次の事項のいずれかに該当する行為により、当ホテルに損害を与えた場合、当ホテルの当該利用者に対して被った全ての損害の賠償を請求出来るものとします。
    • ・本システム利用規約、当ホテルが別に定める宿泊約款、利用規約に違反した場合。
    • ・有害なコンピュータープログラムの送信、書き込みを行った場合。
    • ・第三者の情報の送信、書き込みを行った場合。
    • ・お客様の私的利用以外の目的で、当ホテルに無断で利用した場合。
    • ・その他日本国内で有効な法令に違反する行為を行った場合。

第8条(予約の成立)

本システムを利用した宿泊予約の成立は、予約決定確認書がメール送信された時といたします。

第9条

お客様が次の各号に該当する行為を行った場合、当ホテルは事由の如何を問わず、当ホテルおよび当ホテルホームページのご利用をお断りいたします。なお、これに伴い、お客様に発生した損害に関し、当ホテルは一切責任を負いません。

  1. (1)利用する意思がないのに関わらず多数の予約を行う行為。
  2. (2)同日程で複数の施設を予約するなど、施設提供サービスの利用が不可能と認められる予約行為。
  3. (3)宿泊予約に当たって、虚偽、不当な申し込みをする行為。
  4. (4)本システムの運営を不当に妨害し、当ホテルに不利益を生じさせる行為。
  5. (5)他の利用者もしくは第三社に対し、その権利を侵害し、損害を与えること、またはその恐れがある行為。
  6. (6)他者への転売や商用目的での予約と認められる予約行為。
  7. (7)公序良俗及び法令に違反する行為、または、それらの恐れがある行為。

第10条(遵守事項の違反)

  1. 当ホテルは、お客様が前条の遵守事項に違反した場合、その他当ホテルが本システムの運営上不適当と判断した場合には、当該行為を停止させ、お客様と当ホテルの利用契約をキャンセルし、本システムに係る一切のサービスの利用停止、会員資格の剥奪もしくは損害賠償請求等必要な措置(法的措置を含みます)を取ることができるものとします。
  2. 当ホテルは、お客様が前条の遵守事項に違反していると推測される場合、その他当ホテルが本サービスの運営上不適当と合理的に判断した場合には、当該行為の詳細についてお客様に確認させていただくことがあります。

第11条(予約の取り消しと変更)

本システムを利用した当ホテルのご予約の取消し(キャンセル)と変更をされる場合は、本システムから予約の取消し(キャンセル)と変更の手続きを行うことができます。

〔会員様の場合〕 ログイン後に、マイページにて予約の取消し(キャンセル)と変更を行うことができます。 注)「レジーナリゾート予約ID」はレジーナドッグクラブの会員登録とは別の登録です。

〔非会員様の場合〕 ご登録時の「PCメールアドレス」と、予約完了後に発行される「お問い合わせ番号」にて予約の取消し(キャンセル)と変更を行うことができます。

注)宿泊プランによりましては、予約の取り消し(キャンセル)を受けられない場合がございますので、予めご了承をください。

第12条(違約金)

当ホテルは利用者に帰すべき事由によりご予約が取り消された場合、当ホテル宿泊約款に定める違約金を申し受けます。

第13条(予約申込)

  1. 本システムを利用しての予約申込の場合、希望する商品の予約申込フォームへ必要とされるデーターを全て正確に入力してください。
  2. 予約申込フォームへのデーター入力に不備があった場合、その予約は無効となる場合があります。

第14条(予約確認の方法)

予約確認方法は、本システムでご確認をすることができます。

〔レジーナリゾート予約ID登録の場合〕 ログイン後に、MYページにて予約状況をご確認することができます。

〔WEB利用登録非会員様の場合〕 ご登録時の「PCメールアドレス」と、予約完了後に発行される「お問い合わせ番号」にて予約状況をご確認することができます。

第15条(システム内容の変更)

本システムの運営もしくは内容の変更は、当ホテルが必要と判断した場合、事前にお客様に通知することなく変更を行う場合があります。
本システムのご利用に際しましては、毎回必ず本規約をご確認ください。本規約内容の変更後は、変更後の内容のみが有効となり、変更前の内容は無効となります。

第16条(システムの中断)

当ホテルは、次のいずれかに該当する場合、お客様への事前の通知や承諾なしに、本システムの一時的な利用の中断をおこなうことがあります。

  1. 本システムの保守または工事をおこなう場合。
  2. 天災、事変その他非常事態が発生し、または発生のおそれがあり、本システムの運営が困難となった場合。
  3. 当ホテルが、上記以外の事由により、本システムの一時的な中断が必要と判断した場合。

第17条(免責事項)

当ホテルでは本ホームページに掲載する情報について細心の注意を払っております。しかし当ホテルはその完全性を保証するものではありません。当ホテルの営業に関する詳細は、すべて現況を優先いたします。本ホームページの利用により、利用者がいかなる損害を受けた場合にも、当ホテルは一切の責任を負いません。本ホームページの保守作業やシステム障害その他の理由によりサービスが中断し、その結果利用者が損害を蒙った場合においても、当ホテルは一切の責任を負いません

第18条(取り扱い法令)

本システムに関する取り扱いは、日本国内にて有効な法律に従います。

第19条(本規約の有効)

本規約は、2021年6月1日より有効とします。なお、当社は社会経済情勢の変化ならびに諸般の事情で、本規約の改正と変更を、お客様への事前の通知無しに出来るものとします。