浅間山の噴火について【26日更新】

ニュース&トピックス 2019.8.26

  • 【8月26日更新】

    25日19:28に浅間山でごく小規模な噴火が発生しました。
    噴煙は火口縁上600メートルまで上がり、東(群馬県側)に流れました。
    監視カメラでは噴石は確認されていません。
    今回の噴火は前回(8月7日)と比べて小さいものでした。
    噴火警戒レベルも「2(火口周辺規制)」のままです。

    26日10時現在、軽井沢を含む長野県では噴石や降灰は確認されておらず、
    軽井沢は全く問題なくお過ごしいただけますのでご安心下さいませ。

    また深部からのマグマ上昇を示す地震の増加や地殻変動は観測されておらず
    今回以上の噴火を発生させる程度の火山活動の高まりは認められないとのことです。

    ただ浅間山や近隣の動向には今後も注視していく所存でございます。
    また今後、万が一浅間山の火山活動が活発になった場合は、
    お客様の安全を優先し、ご予約のキャンセル料は頂きませんのでご安心下さい。
    新たな情報が入りましたら、改めてお知らせいたします。

    【軽井沢町公式ホームページ】
    https://www.town.karuizawa.lg.jp/
    【気象庁ホームページ】
    http://www.jma.go.jp/

    --------------------------------------------------------

    【8月20日更新】
    19日、気象庁地震火山部発表より、
    浅間山の噴火警戒レベルが「2(火口周辺規制)」に引き下がりました。
    浅間山では8日以降、噴火は発生しておりません。
    また、地震の増加・地殻変動も観測されていない状況から、
    火山活動の高まりは認められないとのことです。
    山頂火口から概ね2kmの範囲では、
    引き続き噴火に伴う噴石や火砕流に警戒が必要ではございますが、
    軽井沢は全く問題なくお過ごしいただけますのでご安心下さいませ。

    【軽井沢町公式ホームページ】
    https://www.town.karuizawa.lg.jp/
    【気象庁ホームページ】
    http://www.jma.go.jp/

    --------------------------------------------------------

    【8月8日更新】
    2019年8月7日22:08に浅間山で小規模な噴火が発生しました。
    これにより気象庁は、噴火警戒レベルを「3(入山規制)」に上げており、
    火口からおおむね4キロの範囲では、
    噴火に伴う大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。
    (当館は火口から直線距離で約9キロに位置しております)

    8月8日11時現在、軽井沢町内では噴石や降灰は確認されておらず、
    軽井沢町役場によりますと被害の報告も入っていないとのことです。
    また気象庁は、明確な地殻変動が確認出来ず、
    火山ガスの噴出量も増えていないとして、
    マグマ活動は高まっていないとの見方も示しています。

    軽井沢は問題なくお過ごしいただけますのでご安心下さいませ。
    火口近くの観光地「鬼押し出し園」も被害なく通常通り営業しております。

    ただ浅間山や近隣の動向には今後も注視していく所存でございます。
    また今後、万が一浅間山の火山活動が活発になった場合は、
    お客様の安全を優先し、ご予約のキャンセル料は頂きませんのでご安心下さい。
    新たな情報が入りましたら、改めてお知らせいたします。

    【軽井沢町公式ホームページ】
    https://www.town.karuizawa.lg.jp/
    【気象庁ホームページ】
    http://www.jma.go.jp/

空室検索 SEARCH