敷地内の樹木が色づいてきました

ニュース&トピックス 2019.10.20

  • ツタウルシ。近寄らず、遠目に見るだけにしましょう!
     
    森に囲まれた環境に居りますと、一雨ごとに秋が深まってゆくのが目に見えます。
    最近の傾向ですが、紅葉(黄葉)の進み具合が一筋縄に行かないと言いますか、
    なんだかバラバラで「まさに紅葉が始まりました!」という感じにならないのが痛いです。
    同じ樹種でも、日当たりの良い所と悪いところでは進み具合が違うのは勿論なのですが、
    そういった言葉では片づけられないバラバラ加減。

    少し前からレジーナリゾート蓼科周辺でも色づき始めておりましたが
    今日は「うん、これは紅葉とご説明してもよいかな?」と思える状況になりましたので
    写真に収めてみました。

    トップの赤い蔦は「蔦漆(ツタウルシ)」。
    この辺りの紅葉ではトップバッターです。まだ周りの木々が緑の中で、一番最初に
    鮮烈なオレンジ~赤の紅葉が始まるので、とても目立ちます。
    でもご注意ください。この植物、名前の通り「うるし」でございます。

    カブれます。

    しかも、ウルシ科の植物の中でも、その成分の濃さは最凶と言われ、
    酷い場合は「近寄るだけで空気中に揮発した成分でカブれる」というほど。
    遠目に眺めておきましょう。
    お客様の手の届く場所にはありませんが、近寄らないのが吉です。
  • イタヤカエデの黄葉。
    次はイタヤカエデです。デラックスルーム側にあるこの木は毎年比較的早くにオレンジ色になります。
    この木が色づくと「ああ、紅葉が始まったな」と思います。
     
  • ハウチワカエデの紅葉。
    ハウチワカエデも何株か植えられています。濃いオレンジ~赤に紅葉する木です。
    当館の敷地は比較的日当たりが良く、植栽で植え込んだ樹木なので、
    他の場所より少し紅葉が早いかも知れません。
     
  • 最後にもう一度、改めてツタウルシ。これはやっぱりキレイですね。
    でも決してきれいだからと近寄らないようにしましょう。

    当館の外へ出れば蓼科では「横谷渓谷」の紅葉が有名で段々と色づいてきているはずです。
    下旬になれば高原の黄葉のメイン、落葉松の黄葉「八ヶ岳イエロー」が始まり、
    里に下った長圓寺(信州もみじ寺)のカエデの鮮烈な紅葉も始まります。

    澄んだ空気の中、落ち葉の香りも楽しみながら、森の散策はいかがですか。
    皆様のお越しを心よりお待ちしております。

    フロント 芳澤

SEARCH 空室検索

0266-71-6600【電話受付時間】10:00~17:00

Page Top