紅葉情報:レジーナリゾート蓼科周辺でも落葉松の黄葉がはじまりました

ニュース&トピックス 2019.11.03

  • 11月3日、当館近くの標高1100m付近で撮影。
    上の方にやや茶色っぽく見える部分は既に黄葉が進んでいる部分で、標高1600m以上。
    当館は1250mですから、数日後から見ごろです。
     
    蓼科を数日留守にしていた私は少しそわそわした気持ちで戻ると
    やはり想定通り黄葉が進んでおりました。

    当館周辺の標高でも落葉松が黄色味を帯びて参りました。
    標高1600m付近はすっかりオレンジがかった茶色に色づいており
    標高1200m付近でももう間もなく、あと3日後くらいに
    見頃を迎えるのではないかと思います。

    例年より総じて黄葉の進みは遅く、私の感覚では大体1週間の遅れです。
    そしていつもなら殆ど散って無くなる広葉樹の葉もまだきれいな樹が多く
    林床の灌木も透明感のあるクリーム色や黄色に色づいてちょっと華やか。

    お隣の原村にある八ヶ岳農場(八ヶ岳中央農業実践大学校)にお越しいただけば、
    真っ青な空(八ヶ岳ブルー)の下、美しい八ヶ岳連峰を望み、
    オレンジイエローに黄葉した落葉松(八ヶ岳イエロー)と、
    青々とした緑の牧草や洋芝との色の対比が美しく
    北海道のような異国情緒あふれる、牧歌的な秋の風景が広がっています。
    運が良ければ夜半に山頂に降った雪の頂きを望めるかもしれません。

    八ヶ岳の峰々に8回雪化粧があると、やがて麓の私たちの場所にも
    雪が舞うと土地の人は言います。
    是非この季節ならではの美しい風景を、ワンちゃんと共にお楽しみくださいませ。

    フロント 芳澤

SEARCH 空室検索

0266-71-6600【電話受付時間】10:00~17:00

Page Top